Boot CampでWindowsをインストール中は外付けドライブを外す

Boot CampでWindowsをインストールしていると、前までは問題なくできたディスクのフォーマットができない!
何度フォーマットしても、このエラーで手詰まりになってしまいました。

新しいパーテーションを作成できなかったか、既にあるパーテーションが見つかりませんでした。詳しくは、セットアップログファイルをご覧ください。

新しいパーテーションを作成できなかったか、既にあるパーテーションが見つかりませんでした。詳しくは、セットアップログファイルをご覧ください。

SDカードがささっていたのが原因

エラーの文言から検索してみると、外部ディスクがささっていると警告が出つづけてWindowsがインストールできないことが判明。

参考:
Boot Camp:Windows 8 のインストール中の「新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした」という警告 – Apple サポート

さっそく、警告が出る「Windowsのインストール場所」の画面でSDカードを取り外してからフォーマットを実行してみると
……また同じ警告が。

再起動したら成功

コンピュータを再起動し、インストールをやり直したら成功しました。

  1. Windowsのインストールを中断
  2. コンピュータの電源を切る
  3. SDカードを取り外す
  4. Optionキーを押しながらコンピュータを起動
  5. Windowsを選択

これでWindowsのインストーラが再び立ち上がります。
あとは、警告が出なかった時と同じように最後までインストールできます。

Mac OSを外部ディスクに移動させていたのでこの症状に引っかかった

なぜ、何度もやり直しているBoot Campが今回だけ警告で引っかかったのか…
それは、Macの本体を外付けのJetDrive(SDカード)に移動させて、本体SSDの領域をWindowsに割り当てようとしていたのが原因でした。
前回まではBoot Campのとき何もささってなかった。そういえば。

Boot Campアシスタントから間をおかずにWindowsインストールが始まる流れなので
Mac OSが入ったJetDriveを取り出すときは、かなり緊張しました。

Boot Campアシスタントまで終わっていれば、Mac OSが入った外部ディスクがない状態で起動しOptionキーを押さなくてもWindowsのインストーラが正常に立ち上がってくれました。

関連記事

Pocket