コマンドプロンプトでCドライブからDドライブへ移動

Windowsのコマンドプロンプトで
デフォルトのCドライブからDなどの別のドライブへ移動する方法が特殊だったのでメモ。

<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt; cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt;<br />

Cドライブrootまで移動しcdなしで切り替える

コマンドプロンプトを起動したら、初期でユーザディレクトリが選択されています。

<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt;<br />

ここからまず、Cドライブの先頭に移動。

<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt; cd ../../<br />
C:&gt;<br />

ドライブを切り替えるときは、cdなしでドライブだけ指定します。

<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt; cd ../../<br />
C:&gt; D:<br />
D:&gt;<br />

その後、移動先のドライブで任意のディレクトリまでcdで移動します。

<br />
C:\Users\【ユーザ名】&gt; cd ../../<br />
C:&gt; D:<br />
D:&gt; cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】<br />

参考:
Dドライブに移動する

関連記事