Gitのリポジトリ単位でコミットアカウントを使い分ける設定

Gitのコミットに記録される、名称とメールアドレスを
仕事用リアルネームと、個人用のハンドルネームなど、状況に応じて出し分けたい場合があります。

特定のプロジェクト(リポジトリ)ではこのアカウント名で、というときは
pullしてきたローカルリポジトリの.gitディレクトリ内にある
configという拡張子のないファイルで設定できます。

configをテキストエディタで開き、[user]の項目を追記するだけでOKです。

[user]
  name = webdev
  email = xxx@ webdev.jp.net

これで、このローカルリポジトリは、いつもどおりコミットしたとき
パソコンのデフォルトになっているアカウント名とメールアドレスではなく
nameで指定した名前、emailで指定したメールアドレスでコミットできます。

関連記事