Microsoft Ajax Minifierでjavascriptを圧縮してみた

javascriptのソースコードを圧縮してくれるMicrosoft Ajax Minifierを使ってみました。

インストーラにしたがって進めるだけだったので、わりと簡単でした。

  1. 公式のダウンロードページASP.NET – Download: Microsoft Ajax Minifier 4.0からインストーラのmsiをダウンロード
  2. インストーラを実行、特別な選択肢はないので最後まですすめる
  3. Windowsのスタートメニューから、Microsoft Ajax Minifier 4 を実行するとコマンドプロンプトが起動
  4. コマンドで圧縮対象のjsファイルと出力ファイル名を指定し実行

ポイントになったのはコマンドでのファイル指定のところで
cdコマンドで圧縮したいjsファイルのあるディレクトリまで移動してから
圧縮実行コマンドを実行する流れではエラーが出てしまい小ハマりしました。

例では、c:/workspace/にあるsample.jsを圧縮してsample.min.jsとして保存しようとしています。

$ cd c:/workspace/
$ ajaxmin.exe -h sample.js -o sample.min.js

Microsoft Ajax Minifier - JavaScript and CSS minification and verification utility
Copyright (c) 2002-2010 by Microsoft Corp. All rights reserved.

(中略)

AjaxMin.exe: error AM-USAGE: Source file does not exist: sample.js

このように、圧縮対象jsと出力ファイル名をフルパスで打ち込むと、成功しました。

$ ajaxmin.exe c:/workspace/sample.js -o c:/workspace/sample.min.js

Microsoft Ajax Minifier - JavaScript and CSS minification and verification utility
Copyright (c) 2002-2010 by Microsoft Corp. All rights reserved.


Minifying file 'sample.js'...
Original Size: 354 bytes; reduced size: 232 bytes (34.5% minification)
Gzip of output approximately 257 bytes (-10.8% compression)


C:\Program Files (x86)\Microsoft\Microsoft Ajax Minifier 4>cd d:\_data\404

参考:
Microsoft Ajax MinifierでJavaScriptを縮小化しよう

関連記事

Pocket