スマホサイトを作りながらiPhoneで確認する方法

iPhoneとスマホコンテンツを開発するパソコンが同じローカルネットワーク内にいる場合WiFi接続で
マークアップ中の画面を確認できます。

Macの場合は特にやることもなく、設定したlocalhost名をiPhoneのSafariで開けばOK
(Mac用のところはとりあえず下書き。またこんど掘り下げます)

Windowsは一手間かかった。

まず、ファイヤーウォールが遮断している可能性があるので「Windows ファイアウォール」を確認。

コントロールパネル → システムとセキュリティ → Windows ファイアウォールによるプログラムの許可 で設定画面を開きます。

Apacheは入っていないので、「設定の変更」を押して「別のプログラムを許可(R)」から追加します。

Apacheインストールディレクトリ/bin/httpd.exe を選択し

Apacheが一覧に追加されました。これで「OK」を押せばWindows ファイアウォールの設定は完了。

次に、マークアップするパソコンのローカルIPを確認。

コマンドプロンプトでわかる

コマンドプロンプトは、スタートボタンのところにある「プログラムとファイルの検索」で「cmd.exe」と入力すれば
全部打ち終わらないあいだに候補として出てきてくれるので楽。

このコマンドでIPをおしえてくれる

$ ipconfig

こんなふうに情報方がズラズラでてきます。

私の開発機のローカルIPは、192.168.11.3でした。

これで準備完了。

iPhoneのSafariで「http://192.168.11.3/」と開けば、開発機のlocalhostを開けます。

関連記事

Pocket