Mac OS XにバンドルされているApacheを使う

Mac OS X 以降は、Apacheやphpなどが最初から入っている。
デフォルトで「不使用」になっている設定をちょっと変えるだけでつかえるので、かなり便利だ。
はじめてiMacをさわったとき、この真実にはかなり驚いた。

検証済み環境:Mac OS X (バージョン10.6.8)

Apacheサーバの起動と停止

最初からApacheの基本設定などは揃っていて、サーバを起動するだけで使える状態になっている。
まずは、起動方法から。

Macの「システム環境設定」にある「共有」を開きます。

左にチェックボックスがついた「Web共有」という項目があります。

  • チェックが外れている=Apacheサーバ停止中
  • チェックが入っている=Apacheサーバ起動中

というふうにになっている。
つまり、再起動させる場合はチェックを外してから、またつけるだけ。

「お使いのコンピュータのWebサイトは、このアドレスで利用できます:」とあるURLをクリックすると
ブラウザが起動して、デフォルトのサンプルページ「It works!」が表示されます。

バンドルされているApacheが初期値に設定しているドキュメントルートはここ。
/Library/WebServer/Documents

もし、このままこのディレクトリを作業スペースにするなら
これ以上カスタマイズする必要はないです。

コンピュータ名をカスタマイズ

デフォルトのまま/Library/WebServer/Documentsを作業スペースとして使ってもいいですが
確認用アドレス「http://namae-no-imac/」も入力がまどろっこしいし、
ドキュメントルートも自分がいつも使い慣れている場所に変更したい場合はカスタマイズできます。

まずコンピュータ名。
共有を開いたとき、うえのほうに表示されている「コンピュータ名」を書き換えます。
書き換えるだけでボタン等の押下はありません。
「編集」ボタンで、ローカルでの名前も指定できます。

なお、コンピュータ名の変更は、Macを再起動すると反映されます

例えばコンピュータ名を「test-pcname」と書き換えれば「http://test-pcname/」で
ローカルホストのトップを表示できます。

 ドキュメントルートを変更

デフォルトで/Library/WebServer/Documents に設定されているドキュメントルートを変更するためには
Apacheの設定ファイル(httpd.conf)を編集します。

httpd.confは、このディレクトリにあります。
/private/etc/apache2

httpd.confは、開くたび、保存するたびにパスワードの入力を求められ煩わしいので
ファイルを右クリックなどで選べる「情報を見る」を開き
「共有とアクセス権」で、「everyone」のアクセス権を「読み/書き」に設定しました。
危険なので、公開しているサーバでは決してやらないでくださいね〜。

httpd.confを開くと、ドキュメントルートの設定をしている箇所を探すため
「DocumentRoot」と検索してみます。

170行目あたりと200行目あたりに、それっぽい所がでてきました。

ここの /Library/WebServer/Documents と指定しているパスを自分の好きな場所へ書き換えればOK。

httpd.confの編集は以上。
変更を保存してApacheを再起動させれば、ローカルホストのルートディレクトリも更新されます。

関連記事

Pocket