Mac OS XにバンドルされているPHPを使う

Mac OS Xにバンドルされている(最初から入っている)PHPを使えるようにする方法のメモ。
先に、Apacheのhttpd.confをさわれるようにしてある前提です。

Apache httpd.confを編集

まず、httpd.confをviかテキストエディタで開きます。

ファイル内の「php」という文字列を検索。

こんなふうに見つかった場合は先頭の#を取ってphp5_moduleのコメントアウトを解除します。

LoadModule php5_module        libexec/apache2/libphp5.so

見つからなかった場合は、おそらく
libphp5.soを探してきて設置し設定することに。(また別の機会に調査してみます。)

次に、.php .html .inc の拡張子でphpを動作させるための設定。
参考にしたphp公式サイトの解説によると
Mac OS 10.3 以降の場合、この記述が最初からhttpd.confに入っているらしい。

<IfModule mod_php5.c>
    # If php is turned on, we respect .php and .phps files.
    AddType application/x-httpd-php .php
    AddType application/x-httpd-php-source .phps

    # Since most users will want index.php to work we
    # also automatically enable index.php
    <IfModule mod_dir.c>
        DirectoryIndex index.html index.php
    </IfModule>
</IfModule>

なかった場合は、このまま↑
DocumentRoot関連の設定の真下に追記すればOK。
(私はそうしていた。だいたい240行目あたり。)

ここまで編集したら、httpd.confを保存して
Apacheを再起動します。

参考サイト:
バンドルされている PHP の使用法

正しく設定できたかチェックする方法

localhostなどで表示できる
apacheのドキュメントルート以下のディレクトリ以下へ、テスト用のphpファイルを設置します。

適当なファイル名でよく。本文はこの1行。

 <!--?php phpinfo(); ?--> 

localhostのルート直下へtest.phpとして設置してみた。

このテスト用ファイルにアクセスして、(例の場合は http://localhost/test.php)
このようなページが表示されれば設定成功です。

関連記事

Pocket