Mac OS X YosemiteへHomebrewをインストール

以前、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを使っていた頃からすこしブランクがあき
OS X 10.10 Yosemite で新たに開発環境を構築することになりました。

以前は、MySQLなどの導入のため
パッケージ管理システムとしてMacPortsをインストールしたのですが
なるべく既存のものを活用してくれるという特徴が気に入ったので
今回は、Homebrewのほうをインストールしてみました。

参考:
パッケージ管理システム Homebrew

HomebrewからMySQLをインストールするまで
一気に紹介します。

操作はターミナルからコマンドで

Homebrew自身のインストールや、Homebrewからのほかのパッケージのインストールは
ターミナルからコマンドで実行します。

ターミナルを起動し、以下の公式サイトを開くと
もうほとんど説明することはなく
手順にしたがって、インストールコマンドをコピー&ペーストして実行していくだけです。

Homebrew — OS X用パッケージマネージャー

Homebrewが無事にインストールできている場合
このコマンドでバージョンが表示されます。

$ brew -v
Homebrew 0.9.5

ついでにMySQLもインストール

そのまま、MySQLのインストールも実行してしまいます。

$ brew install mysql

しばらく待つとインストールが終わります。
インストールしたパッケージの情報は、infoコマンドで確認できます。

$ brew info mysql

関連記事

Pocket