Windowsパソコンの開発環境復元レポート(後半)

新しいWindows PCへ開発環境を復元
Windowsパソコンの開発環境復元レポート(前半)の続きです。

  1. パソコンを初期化
  2. セキュリティ系
  3. Windowsのフォルダオプション
  4. IME、テキストエディタ
  5. ブラウザ
  6. メール、チャット
  7. SCP
  8. Microsoft Office
  9. Adobe系
  10. JAVA
  11. バージョン管理系
  12. Apache
  13. PHP
  14. Ruby

おもにApacheとの連携やポートなど、設定がやや複雑なところをバックアップから復元していきます。

11.バージョン管理系

SubversionとGitの環境を用意しました。

Subversion

クライアントソフトとして使うTortoiseSVNをインストールします。
TortoiseSVN – Downloadsから、64日t版のTortoiseSVN本体と、日本語化パックをダウンロード。
ウィザードの流れにしたがってインストールしました。

続いて、Subversionのサーバをインストール。
こちらは、以前やったときの記事Windows用 subversionのバイナリインストーラを参考にしました。

Git

まずサーバとしてGitosisをインストールします。
Git – Downloadsからインストーラをダウンロードしてきて実行します。

だいたいウィザードのながれどおりデフォルト値を選択していくと
途中の「Adjusting your PATH environment」というところまで進みます。

Adjusting your PATH environment

WindowsのコマンドプロンプトでGitコマンドを実行したい場合は、図のように真ん中の選択肢に切り替えてから先に進みます。

そしてクライアントとして、TortoiseGitインストール。
Download –  tortoisegitから、TortoiseSVNのときと同様に
本体と日本語化パックをダウンロードしてきて実行しました。

12.Apache

新しいWindows PCへ開発環境を復元のときにバックアップをとってあったファイル一式を移してきて
コマンドプロンプトを起動、cdコマンドでApache/binディレクトリへ移動してからインストールコマンドを実行すると、サービスが登録されApacheが使えるようになります。

$ cd (Apache/binディレクトリ)
$ httpd -k install

ちなみに、やり直したくなった場合はこのコマンドでサービスを削除しアンインストールできます。

$ httpd -k uninstall

13.PHP

こちらも、新しいWindows PCへ開発環境を復元のときにバックアップをとってあったファイル一式を移してきます。

14.Ruby

RubyInstaller for Windowsから、Windowsのバイナリー版インストーラをダウンロードしてきてインストールしました。

インストール成功の確認は、コマンドプロンプトからバージョン確認をするコマンドを打ち込むとわかります。

$ ruby -v

…というわけで、大雑把にとりあげてみました。
また時間をみつけて、個々の設定についてももうちょっと掘り下げて記録してみます。

関連記事

Pocket