package.jsonのscriptsでローカルインストールしたgulpでtaskを実行

執筆当時の2017年5月は、gulpはバージョン3.9.1でしたが
ベータ版のgulp4が公開されていたので、それをローカルインストールしてプロジェクトを作成してみました。

gulp4をローカルインストールすると、package.jsonの記述はこのようになります。

<br />
    &quot;gulp&quot;: &quot;github:gulpjs/gulp#4.0&quot;,<br />

ですが、このまま普通に gulp コマンドでdefaultのタスクを実行すると
ローカルインストールしたgulp4ではなく、グローバルインストールしてあるほうのgulpでタスクが実行されてしまいます。

package.jsonのscriptsで登録したtaskならローカルインストール版が選択される

package.jsonのscripts、使ったことがなかったんですが
にこのように書くと、taskを登録できる機能でした。

<br />
  &quot;scripts&quot;: {<br />
    &quot;start&quot;: &quot;gulp&quot;<br />
  },<br />

このように start を登録すると

<br />
npm start<br />

で、登録した gulp のtaskコマンドを実行するタスクになります。
そしてこの、package.jsonのtask経由でgulpを実行すれば、グローバルインストール版ではなく
ローカルインストールしているgulpでタスクを実行できるようになります。

関連記事