Macの画面共有でMission Controlを使う

Macの画面共有で他のMacを操作している時、Mission Controlが使えず不便だったので設定をいじりました。

今回私が使っている環境はこちらです。たまに操作する側とされる側が逆転することもあります。

  • 操作する側 … MacBook Air OS X El Capitan
  • 操作される側 … iMac OS X El Capitan

さあ、画面共有を立ち上げ…操作中にトラックパッドで4本指スワイプすると
画面共有ウィンドウごと横にずれるではありませんか。

まあ、当たり前ですよね…

キーボードのF3キーのところへ割り当てられているMission Controlを使っても同様に
操作する側 MacBook AirのMission Controlが起動してしまいます。

そこで今回は、2種類の対策を考えてみました。

  • 操作される側だけキーボードショートカットを有効にする
  • Mission ControlをDockに入れてしまう

操作される側だけキーボードショートカットを有効にする

Mission Controlは、F3キーのところのアイコン付きキーの他にキーボードショートカットも割り当てられています。

^(control) + ↑

remotecontrol-missioncontrol-shortcut

システム環境設定からキーボード、ショートカットの設定を開くとこのショートカットのon/offを切り替えられるので
操作する側(私の今回の環境でいうMacBook Air)だけ無効にすると
画面共有の中で^ + ↑でMission Controlを使えるようになりました!

ただ、操作する側とされる側のMacが逆転すると通用しなくなってしまうのが痛いところではあります。
ちょっと面倒だけど、画面共有するとき今回の操作でショートカットをoffに、画面共有が終わったらonに戻すよう
都度都度かえるようにしたら、まあ運用できるかな。

参考:
mac 画面共有 Mission Control使いたい | 作業メモ

Mission ControlをDockに入れてしまう

操作する側とされる側のMacが逆転する場合は、両方のMacのDockにMission Controlを入れてしまう方がシンプルに解決できます。

Mission Controlは、Launchpadやファインダーのアプリケーションからドラッグ&ドロップするとDockに追加できます。
(当たり前の操作なんですが、私のような新参者もいるので一応)

remotecontrol-missioncontrol-dock

これで、DockのMission Controlを選択すれば操作する側とされる側のMacが入れ替わってもいつでもMission Controlが起動できます。

Dockに余分なものは一切入れたくない!!というポリシーの方や、カーソル移動が面倒なんじゃ!!という方なら煩わしいかもしれないですが
お互いに画面共有したい場合の落とし所ということで、方法の一つとしてご紹介してみました。

関連記事

Pocket