Sublime Text 2 のインストールと初期設定

Sublime Text 2(サブライムテキスト)は
主に、WYSIWYG(いわゆるDreamweaverなどのプレビュー編集)を必要としないエンジニアに支持されているエディタです。

私はscssのコンパイルが便利なので、Sass案件で使っています。
あと、Syntaxの色分けも見やすくデザインが良いところもけっこう気に入っています。
MacでもWindowsでも共通して使えるので
社内でMacユーザとWindowsユーザが混在していても活用方法やノウハウを共有できるのもメリットです。

基本的に好きなんですが、
Shift_JISを文字化けしないよう取り扱うのにコツがいってミスを誘発しやすいのと
(仕事だと、文字コード指定があって使わざるを得ないことが…)
バージョン管理システムとの連携機能がEclipseよりたよりないのがネックになって
完全な乗り換えには踏み切れずにいます。

前置きが長くなりましたが
今回はSublime Text 2を導入したときの初期設定を簡単にまとめてみました。

  • インストール
  • Package Controlの導入
  • ショートカットキーのカスタマイズ

2014/08/12 追記:
あえて、最新版のSublime Text 3でなく、2をインストールしていた理由を忘れそうだったのでメモ。
Sublime Text 3は、リリースされた当初Package Controlがまだ使えなかったため
2のまま使っている人がたくさんいました。
この記事を書いた2014/03/15には確認せずに2をインストールしていたので
既にSublime Text 3でもPackage Controlが使えるようになっていたかもしれません。

インストール

Sublime Text 2から、Windows 64bit版のインストーラをダウンロードします。

インストーラは英語で、ウィザード形式になっています。

途中できかれる「Select Additional Tasks」のチェックボックスをオンにしておくと
ファイルを右クリックして表示されるメニューから
「Open with Sublime Text 2」を選べるようになります。

sublimetext2-setup_install

Package Controlの導入

Sublime Text 2はコード補完やバージョン管理連携などの様々な機能を必要なだけ追加できるのが魅力なのですが
本体には、追加できる機能をリストアップしたり、追加や削除などを管理する機能はついていません。

Package Controlは、その追加機能(=パッケージ)を管理するためのものです。

公式のPackage ControlのInstallationに使えるようにするための設定手順が解説されています。
とても大雑把に説明すると、次の3ステップです。

  1. コンソールを開く
  2. Package Controlをインストールするためのコードを取得
  3. Sublime Text 2 を再起動

コンソールを開く

Sublime Text 2 を起動して、コンソールを開きます。

コンソールは
キーボードショートカットの「Ctrl + `」(または「Ctrl+@」)か
メニューの「View」→「Show Console」選択すると
このように画面の下半分に姿をあらわします。

sublimetext2-setup_console

Package Controlをインストールするためのコードを取得

開いたコンソールには、インストールに必要なコマンドを入力します。

コードは、いちいち覚えていられないほど長いので
ありものをコピー&ペーストします。

Package ControlのInstallationを開くと、2014年3月現在ではこの位置にあ掲載してありました。
※タブはSublime Text 3ではなくSublime Text 2を選択しています

これをまるごとをコピーして、コンソールへ貼り付けEnterキーを押下します。

sublimetext2-setup_packagecontrol

Sublime Text 2 を再起動

注意深く観察していないと、Enterのあと何も起こっていないように見えますが
インストールが正常に終わっていれば、この位置に再起動を促すメッセージがこっそり表示されます。
さすれば、Sublime Text 2 を再起動します。

sublimetext2-setup_restart

再起動すると、Package Controlが使えるようになっています。

参考:
Sublime Text2で楽にパッケージの管理ができるSublime Package Controlを入れてみた

Package Controlで機能を追加する方法については、Sublime Text 2でPackage Controlを使うへ簡単にまとめてみました。

ショートカットキーのカスタマイズ

Sublime Text 2 には、もともと気の利いたショートカットキーがたくさん用意されていますが
カスタマイズすることもできます。

メニューの「Preferences」を開くと
「Key Bindings – Default」「Key Bindings – User」という項目があります。

sublimetext2-install_keybindings

Defaultのほうを選ぶと
もともと登録されているキーボードショートカットの設定ファイルが開きます。
Sublime Text 2 の各種設定は、このようにJSON形式でかかれています。
これをながめただけでも、ショートカットでできることが結構あるのがわかります。

sublimetext2-install_keybindings_json

参考:
Sublime Text2 のショートカット一覧

Sublime Text 2は、Defaultで設定してある内容をベースに
Userの設定を上書きする仕組みになっているので
カスタマイズしたい内容は、こちらへ書きます。

既存のままでもおおかたべんりになっているため、変更したのはこの一つだけです。

カーソルのある行を削除する動作を
デフォルトの「Ctrl + Shift + k」から
Eclipseで使いな入れている「Ctrl + d」へ変更しています。

[
	{ "keys": ["ctrl+d"], "command": "run_macro_file", "args": {"file": "Packages/Default/Delete Line.sublime-macro"} }
]

私は変更していないのですが
メニューの「Preferences」にある「Settings」では
Key Bindingsでショートカットキーを設定したように
エディタの文字サイズやフォント、テーマや行番号表示の有無などもカスタマイズできます。

関連記事

Pocket