カラーコードの色を表示してくれるAtomのpigmentsが便利

2016年から、エディターをSublimeTextからAtomへ変えているのですが
その中でもすばらしいのが、プラグインのpigmentsです。

pigments

Atomで初期インストールするプラグインの記事をみても、軒並みエントリーされているプラグインなので
今更私がここで言うのもおこがましいのですが
とりあえず入れてみたら、これが便利でびっくり!

インストール方法や、機能説明については
既存ですばらしい紹介がたくさんあるので、割愛させていただき
クライアントワークで活用してみて、具体的にどんな場面で素晴らしいと感じたか簡単にまとめてみました。

そう、便利なんだけど、実際には全部の機能は使いこなしていないです。
Show Paletteも良さそうだけど、最初に「おー!」と開いたきりでした。

“カラーコードの色を表示してくれるAtomのpigmentsが便利” の続きを読む