コマンドプロンプトでCドライブからDドライブへ移動

Windowsのコマンドプロンプトで
デフォルトのCドライブからDなどの別のドライブへ移動する方法が特殊だったのでメモ。

C:\Users\【ユーザ名】> cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】
C:\Users\【ユーザ名】>

Cドライブrootまで移動しcdなしで切り替える

コマンドプロンプトを起動したら、初期でユーザディレクトリが選択されています。

C:\Users\【ユーザ名】> 

ここからまず、Cドライブの先頭に移動。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:>

ドライブを切り替えるときは、cdなしでドライブだけ指定します。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:> D:
D:>

その後、移動先のドライブで任意のディレクトリまでcdで移動します。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:> D:
D:> cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】

参考:
Dドライブに移動する

Windowsでssh-keygenから秘密鍵と公開鍵をつくる

ssh-keygenでSSH鍵の作成が上手くいかず、ハマリしました。

仮に c:/git/bin/ に ssh-keygen.exe があり
作成した鍵を c:/Users/[ユーザ名]/ へ .ssh というディレクトリを作成し、そこへ
秘密鍵を id_rsa 、公開鍵を id_rsa.pub として保存する場合の流れです。

“Windowsでssh-keygenから秘密鍵と公開鍵をつくる” の続きを読む

コマンドプロンプトでコピーするときは範囲指定してからEnter

<img src="http://webdev.jp description.net/wp-content/uploads/2013/08/cmd-text-copy.png” alt=”コマンドプロンプトでコピー” width=”677″ height=”492″ class=”alignnone size-full wp-image-1431″ />

Windowsのコマンドプロンプトで文字列をコピーするときはこの手順。

  1. 画面内かタイトルバーを右クリック
  2. 範囲指定(K)
  3. ドラッグでコピーしたい範囲を指定
  4. Enterでクリップボードへコピー

今頃知ったのかという恥さらしなんですが
「Cntrl + c」や画面内で右クリックすると範囲指定したマーカーがリセットされるので
最後のクリップボードへコピーするところになかなか気づけなかった…
というか、Enterって書いてあるのちゃんと読もうよ。

クリップボードへコピーする操作は、範囲指定した後すぐEnterのほか
タイトルバーを右クリックして 編集 → コピー でも実行できます。

.htpasswdをつくる

.htpasswdは、Basic認証を設定する時につかいます。
ログインを許可するユーザ名と、そのパスワードがMD5というフォーマットで暗号化された内容が書かれています。

VirtualHostでBasic認証を設定のとき作ろうとしたら細々つまずいたで、そのメモ。
“C:/dummyName/projectName/”へ.htpasswdを設置し
「test_name」というユーザを登録します。
“.htpasswdをつくる” の続きを読む