iOS8でwindow.close()が効かないバグ (8.1.1で修正済)

window.close()が効かないバグは
2014年11月のiOS 8.1.1アップデートで無事に修正されていました。

以下は、~8.1.0 時点の記事です。

iOS 8.0.x 8.1.0 のSafariでは
開いているタブを閉じるwindow.close()が使用できないバグがあります。

調査してみたところ、どうやら
window.close()の使い方がマズイのではなく
iOS8のSafariが現時点でこの機能に対応していない旨のやり取りがされていました。

参考:
javascript – window.close() doesn't work on iOS 8 GM seed – Stack Overflow
(Appleのデベロッパーフォーラムは、アカウントがないと見られないので、とりあえずこちらへリンク)

今できる対応策は
同一ウィンドウ内での遷移で代用できるところは
バグ修正がアップデートされるまで、別窓遷移をやめることくらいでしょうか。

iOS 8.0は、他にも致命的なバグを見つけちゃってるので
2014年10月20日のiOS8.1アップデートで修正されてないか期待していたのですが
残念ながらほとんど直っていませんでした orz
たとえば、テキストボックス関連でこんなバグがあります。

“iOS8でwindow.close()が効かないバグ (8.1.1で修正済)” の続きを読む