ローカルサーバへWordPressを構築

WordPressのテンプレートを大幅に改造するための開発環境として
自分の開発マシンのApache、いわばローカルサーバへWordpressを構築する方法です。

実践した環境はこちら。

  • windows 7
  • Apache 2.2
  • PHP 5.3
  • Mysql 5.5

ApacheとPHPの連携、PHPとMySQLの連携は設定済みとします。

下準備が面倒な場合、個別に環境を構築しようとしてハマってしまった場合は
xamppを利用すれば、インストールはウィザードででき、Apache、PHP、MySQLもあらかじめ連携設定済みですぐ稼働できます。

“ローカルサーバへWordPressを構築” の続きを読む

Sublime Text 2の設定をリセットする方法

Windowsのコントロールパネルで「プログラムのアンインストール」からSublime Text 2をアンインストールしても
新たにSublime Textをインストールしたら以前のパッケージや設定がまるごと復元されています。

この、設定ごとゼロからやり直したい場合は
ユーザディレクトリにあるSublime Text 2の設定やバックアップファイルを削除します。

Windows7は、ここにあります。

C:\Users\【ユーザ名】\AppData\Roaming\Sublime Text 2

Macの場合はここ。(Mac環境でのSublime Text情報掲載ページをたよりに推測)

/Users/【ユーザ名】/Library/Application Support/Sublime Text 2

参考:
Sublime Text 3初期導入

コマンドプロンプトでCドライブからDドライブへ移動

Windowsのコマンドプロンプトで
デフォルトのCドライブからDなどの別のドライブへ移動する方法が特殊だったのでメモ。

C:\Users\【ユーザ名】> cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】
C:\Users\【ユーザ名】>

Cドライブrootまで移動しcdなしで切り替える

コマンドプロンプトを起動したら、初期でユーザディレクトリが選択されています。

C:\Users\【ユーザ名】> 

ここからまず、Cドライブの先頭に移動。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:>

ドライブを切り替えるときは、cdなしでドライブだけ指定します。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:> D:
D:>

その後、移動先のドライブで任意のディレクトリまでcdで移動します。

C:\Users\【ユーザ名】> cd ../../
C:> D:
D:> cd D:\【任意のディレクトリまでのパス】

参考:
Dドライブに移動する

Windowsでssh-keygenから秘密鍵と公開鍵をつくる

ssh-keygenでSSH鍵の作成が上手くいかず、ハマリしました。

仮に c:/git/bin/ に ssh-keygen.exe があり
作成した鍵を c:/Users/[ユーザ名]/ へ .ssh というディレクトリを作成し、そこへ
秘密鍵を id_rsa 、公開鍵を id_rsa.pub として保存する場合の流れです。

“Windowsでssh-keygenから秘密鍵と公開鍵をつくる” の続きを読む

Windowsパソコンの開発環境復元レポート(後半)

新しいWindows PCへ開発環境を復元
Windowsパソコンの開発環境復元レポート(前半)の続きです。

  1. パソコンを初期化
  2. セキュリティ系
  3. Windowsのフォルダオプション
  4. IME、テキストエディタ
  5. ブラウザ
  6. メール、チャット
  7. SCP
  8. Microsoft Office
  9. Adobe系
  10. JAVA
  11. バージョン管理系
  12. Apache
  13. PHP
  14. Ruby

おもにApacheとの連携やポートなど、設定がやや複雑なところをバックアップから復元していきます。

“Windowsパソコンの開発環境復元レポート(後半)” の続きを読む

Windowsパソコンの開発環境復元レポート(前半)

新しいWindows PCへ開発環境を復元の続きです。

むちゃくちゃ長くなったので、まずは「10.JAVA」までをレポート!
グワッ!…とややこしくなるサーバ系は次回で。

  1. パソコンを初期化
  2. セキュリティ系
  3. Windowsのフォルダオプション
  4. IME、テキストエディタ
  5. ブラウザ
  6. メール、チャット
  7. SCP
  8. Microsoft Office
  9. Adobe系
  10. JAVA
  11. バージョン管理系
  12. Apache
  13. PHP
  14. Ruby

“Windowsパソコンの開発環境復元レポート(前半)” の続きを読む

新しいWindows PCへ開発環境を復元

オフィス移転してから、会社の開発機がしょっちゅう強制終了を繰り返しているのですが
ブルースクリーンの内容やビープ音3回から、ハード的な問題の可能性が浮上…

運んでくるときに物理的な衝撃があったか、ケース内のホコリが移動でかき回されて発症したのかなぁ。
メモリはケース内のホコリや熱でダメになることがあるみたいです。

そんなわけで、今の開発環境一式をおさらいする良い機会だったので
別のパソコンへ環境を再構築したものをまとめてみました。

長くなるので、この記事では主だった構成とバックアップの内容を
次回以降Windowsパソコンの開発環境復元レポートWindowsパソコンの開発環境復元レポート(後半)で、手順やつまづいたポイントなどをまとめてみます。

“新しいWindows PCへ開発環境を復元” の続きを読む

コマンドプロンプトでコピーするときは範囲指定してからEnter

<img src="http://webdev.jp description.net/wp-content/uploads/2013/08/cmd-text-copy.png” alt=”コマンドプロンプトでコピー” width=”677″ height=”492″ class=”alignnone size-full wp-image-1431″ />

Windowsのコマンドプロンプトで文字列をコピーするときはこの手順。

  1. 画面内かタイトルバーを右クリック
  2. 範囲指定(K)
  3. ドラッグでコピーしたい範囲を指定
  4. Enterでクリップボードへコピー

今頃知ったのかという恥さらしなんですが
「Cntrl + c」や画面内で右クリックすると範囲指定したマーカーがリセットされるので
最後のクリップボードへコピーするところになかなか気づけなかった…
というか、Enterって書いてあるのちゃんと読もうよ。

クリップボードへコピーする操作は、範囲指定した後すぐEnterのほか
タイトルバーを右クリックして 編集 → コピー でも実行できます。

.htpasswdをつくる

.htpasswdは、Basic認証を設定する時につかいます。
ログインを許可するユーザ名と、そのパスワードがMD5というフォーマットで暗号化された内容が書かれています。

VirtualHostでBasic認証を設定のとき作ろうとしたら細々つまずいたで、そのメモ。
“C:/dummyName/projectName/”へ.htpasswdを設置し
「test_name」というユーザを登録します。
“.htpasswdをつくる” の続きを読む