WindowsのNode.jsインストーラでパスが正しく設定されない

どう活用できるのか実験してみたいので
Windows7へNode.jsのローカル環境を作ってみました。

Node.jsはインストーラを配布しているので
基本、ウィザードにまかせていけばインストールできます。

nodejs-org-install

その後、インストール成功できたか確認のためコマンドプロンプトを起動。
バージョン確認のコマンドを実行してみるとエラー…

$ node -v
'node' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

こういうとき、インストーラではパスまで通してくれてないパターンが何度かあったので
絶対パスで実行してみると、パス以外は正常にインストールできているよう。

$ c:\nodejs\node -v
v0.10.26

※この例ではC:¥nodejsへNode.jsをインストールしてあります。

コンピュータのプロパティからシステム環境変数をのぞいてみると

nodejs-path

あれ?他のパスと違って末尾にも¥ついてる。
調べてみると、この余分な¥はWindows版インストーラのバグみたいです。

C:\nodejs\

C:\nodejs

※この例ではC:¥nodejsへNode.jsをインストールしてあります。

これを削除してシステム環境変数を保存し直してから
コマンドプロンプトを再起動すると

$ node -v
v0.10.26

パスがとおりました。

関連記事

Pocket